スマートフォン版で見るスマートフォン版ではご覧頂けないページもございます。

白内障手術 硝子体手術 眼瞼下垂手術(日帰り)
小児斜視弱視の専門外来は立川市のスガモト眼科へ

〒190-0004 東京都 立川市 柏町 2-16-4診療時間 午前9:00〜12:00 午後2:30〜5:30
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • トップページ
  • 当院のご紹介
  • 診療のご案内
  • 診療時間
  • 交通案内
  • お知らせ

眼瞼下垂手術

くわしい手術の内容や流れ、手術後の注意点をご説明します。

眼瞼下垂手術(がんけんかすいしゅじゅつ)について

上眼瞼(うわまぶた)部分の名称上眼瞼(うわまぶた)部分の名称

眼瞼下垂とは、さまざまな原因により、上眼瞼(うわまぶた)を上へ引き上げる筋肉の力がうまく伝わらず、まぶたが下方に垂れて開けにくくなる状態です。

視界が制限され、無意識に眉毛を引き上げてまぶたを開こうとしたり、顎を上げるため、頭痛や肩こりを併発することがあります。

原因としては、(1)先天的なもの (2)後天的なもの (3)その他 に分けられます。

(1)先天眼瞼下垂とは、生まれつきまぶたを上げる筋肉(上眼瞼拳筋=じょうがんけんきょきん)の力が弱いため起こるものです。

(2)後天眼瞼下垂で最も多いケースは、加齢によって筋肉の働きを伝える腱膜(挙筋腱膜=きょきんけんまく)が瞼(まぶた)の形を整える瞼板(けんばん)から外れて、筋力が瞼板に充分に伝わらない場合です。これは老人に多くみられます。

その他に、動眼神経麻痺やコンタクトレンズによるもの、外傷や内眼手術後に起こるもの、重症筋無力症やホルネル症候群など他の疾患に伴うものなどがあります。

主な手術方法は

  • 皮膚を切開し、瞼板、挙筋腱膜、眼瞼拳筋を露出します。外れている挙筋腱膜を瞼板に縫い付けます。
  • 老化によって皮膚が垂れ下がって筋力に問題がない場合は、余分な皮膚を切除して縫合するだけの方法をとります。

手術時間は通常片眼で30〜40分程度で、患者様一人一人の症状に合った手術を行いますのでご安心下さい。

手術後の注意点

手術後は著明な眼瞼浮腫(がんけんふしゅ)を伴います。

2週間は赤く腫れますので術後に目を隠すサングラス等をご用意されると良いでしょう。

また結婚式など、お呼ばれの多い時期の手術は控えた方が良いでしょう。

ご質問やお問い合わせは、下記までお電話下さい ※診療予約は承っておりません

TEL:042-535-3338
受付時間 午前9:00〜12:00 午後2:30〜5:30
  • 院長のご紹介
  • 院内のご紹介
  • 診療設備
  • 目の手術・治療
初診の方へ 来院から診療〜会計までの流れ、初診に必要な持ち物はこちら。
地図
住所 〒190-0004
東京都立川市柏町2-16-4
TEL 042-535-3338
お問い合わせ専用

JR 立川 駅北口より

多摩モノレール・立川バス
「泉体育館」下車徒歩5分。
立川バス「柏町一丁目」より、徒歩0分。
華屋与兵衛の隣り
駐車場スペース16台あり

地図をダウンロードする(印刷用PDFファイル 168KB)

携帯版ホームページ

http://www.sugamoto.jp/m/

スガモト眼科携帯版ホームページ QRコード
携帯にメールを送る

スマートフォン版
ホームページ

http://www.sugamoto.jp/sp/

スガモト眼科スマートフォン版ホームページ QRコード
メールを送る